-

民事再生による整理は住宅ローンがある複数ある債務に悩む債務者を対象とした住居を維持しながら金銭管理の面で立ち直るための法的な借金整理の手段として適用された手段です。76-3-117

この制度には、破産手続きとは異なり免責不許可となる要素はないためにギャンブルなどで借金ができたような場合も民事再生は取れますし、破産をした場合は業務停止になってしまうような免許で仕事をされている人でも制度の利用が行えます。76-12-117

破産の場合だと、住んでいるマンションを対象外にすることは不可能ですし特定調停等では、元金自体は返していく必要がありますので住宅ローンなども支払いながら返済をしていくことは実際のところ難しいでしょう。76-18-117

とはいえ、民事再生による手続きを選ぶことができればマンション等のローンを除く借金額はけっこうな額を減ずることも可能ですので住宅ローンを払い続けながら残った負債を返済し続けるようなことができるということになります。76-16-117

民事再生という選択は任意整理と特定調停などとは異なってある部分のみの借り入れを切り取って処理を行うことは不可能ですし自己破産の際のように返済義務がなくなってしまうわけでもありません。76-5-117

これ以外の解決策と比べて若干めんどうで時間が必要ですので住宅のためのローンを組んでいて住居を手放したくないような状況等以外において破産手続き等のそれ以外の整理方法がない際における最終的な手続きとして考えていた方がいいでしょう。76-1-117

76-8-11776-20-11776-19-11776-4-117

Category