-

クルマを売却する際、そして愛車の買い取りの時も印鑑証明書が必要になってきます。

この印鑑証明という書類に関して解説していきます。

印鑑証明という書類は、ある印鑑に対して、それが実印で間違いないという事実を実証する書面です。

印鑑証明がないのであればその印鑑が実印として認められているかどうかが裏付けられません。

大金が動く取引になる該当する車の買い取りですので、どうしても実印が必要になることになりますがその時に印鑑証明書が出てきます。

印鑑証明という書類を実際に発行するためには、まずは印鑑証明する必要があります。

書類に登録する印は通称、実印といい世界で唯一のはんこでなくてはなりません。

実印を準備して、近所の市町村役場の窓口へ出向けばすぐに印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードというものがもらえて、登録が完了した判子は実印になったということになります。

印鑑証明を交付してもらうには市役所などへ出向き印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を記載して、印鑑登録カードを持って行くだけで大丈夫です。

それから、自動交付機でも交付してもらうことができます。

印鑑証明そのものには有効期限はないのです。

なのでどれだけ前の印鑑証明でも証明書としての効力は半永久的に持続することになります。

ですが、中古車買い取りの際は必須条件として3ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。

通常は有効期限の定めはありませんが自動車の売却の際は、業者側が必須となる有効期限を決めているので仮に車両の買い取りを考えているのであれば、はじめに準備しておく必要があります。

Category

リンク